行事報告 2018年度


2018年4月15日(日) ★北帰直前!超~地味だけど素潜り名人の
                                オオハムを探せ!
               場所 若狭町食見 福井県海浜自然センター


前日から荒らしの模様。当日朝は警報・注意報が出てもおかしくないくらいの荒天予報。実施できるのか、大いに心配されたが、なんとか実施にこぎ着けた。海鳥「オオハム」ということもあってか、遠く奈良県・岐阜県からわざわざ足を運んで下さった方3名と常連さん1名の4名の参加者を8名のスタッフが取り囲んでのスタートとなった。

今回は、対象種がアビ類ということもあり、あえて事前研修を組み入れた。写真とビデオを交えながら、アビ類の識別法や様々な水鳥の潜水能力の比較など、参加者が実際に海上に浮かぶ鳥を見るときの視点を持って頂く時間を作った


荒天ではあったが、センター前の海上にオオハムがおり、研修室から直接観察できたことは、ラッキーであった。オオハムは荒れた海で上下し、またすぐに潜水してしまうので、皆で「テトラポットの左!」などと大声で位置を伝えながら観察したので、互いに親近感がわき楽しい時間となった。アカエリカイツブリやキイロアシセグロカモメのおまけもあって短い時間であったが、参加者は満足して下さったようだ。

<




行事報告日付選択に戻る